働くママの目指せシンプルライフ

働いてたってママだって、暮らしを楽しみたい

野菜嫌いの子どももパクパク食べる、美味し~いブロッコリーのゆで方

こんにちは。ゆきんこママです。

 

わが家の3歳長男は食べムラが結構あって、すごく食べるときと、全然食べない時と極端です。

特に緑の野菜は苦手なようで、なかなか食べさせるのに苦労しています。

混ぜご飯にしたり、卵に混ぜてオムレツにしてみたり…

 

そんな長男でも、そのまんまの形でボリボリ食べまくるブロッコリーのゆで方を紹介します。

もともとはブロッコリーは好きじゃなかったようだけど、今のゆで方にしてからは「ブロッコリーちょうだい~」と勝手に冷蔵庫からとって食べます(笑)

 

ブロッコリーの栄養

 ブロッコリーにはビタミンA・C他カリウム・リン・食物繊維葉酸などたくさんの栄養素や、亜鉛や鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。

他にも書ききれないぐらい効能があって、できれば積極的にとりたい食材ですよね。

 

ではさっそくゆで方です、

ブロッコリーを茹でる上でポイントは2つ

  • お湯にごま油を入れる
  • 固めに茹で、余熱で火を通す

 

上の2つのポイントを守れば、すごく美味しいブロッコリーが食べられます!

 

  1. 鍋に湯をわかし、塩と大さじ1杯のごま油を入れる
  2. ブロッコリーを小房に分けて入れ、30秒~1分ゆでる
  3. 固めの状態でザルにあげ、そのまま冷ます(余熱で火を通します)


f:id:yukincomama:20170526140120j:image

油はオリーブオイルなどもおすすめ。

私はごま油が好みです。

油のおかげで青臭さがコーティングされるのと、固めで仕上げることでくせがなく食べやすくなります。

 

まとめ

ブロッコリーには水溶性ビタミンCが豊富に含まれていますが、水洗いするだけでも流れ出てしまうようです。

なので、なるべくは蒸したり、電子レンジなど茹でない調理法がいいみたいです。

でもこのゆで方だと、さっと短く茹でるだけなので失われる栄養素は少ない(はず)

ブロッコリーの色んな食べ方を試してみて、一番美味しいと思った調理法なので是非試してみてください!!